田舎らしい結婚式は

新郎や新婦が育った地域に愛を込めて、先祖代々その土地に伝わる風習や、日本古来に伝わる結婚式を行う人もいます。昔から伝わる風習を取り入れることで、両家の親や親族に喜んでもらえ、ゲストに人にも地元についての理解を深めてもらえる良い機会になることもあるようです。ここでは、田舎で結婚式を挙げた人についてを紹介していきたいと思います。

1つ目は、地元の習わしや風習を取り入れた式についてになります。結婚式の日に、ご先祖様や近隣の人に挨拶をしたり、お支度の仕上げに新婦の母親が口紅をさしたり、家を出ていく娘に父親が食事を食べさせたりする風習もあります。お神酒の代わりに濃いお茶を飲む地域があったり、披露宴の際に、お菓子やお餅や小銭を巻いたりする風習があったり、参列者が新郎を手厚く投げ飛ばす儀式のある地域もあるようです。また、式や披露宴で昔から伝わる伝統衣装を身にまとう地域もあります。

2つ目は、田舎ならではの披露宴の演出についてになります。先祖から受け継がれてきた、紋付き袴や白無垢を着る演出があったり、地方独自の婚礼料理や郷土料理を披露宴で提供したり、料理をわざと大皿で盛るようにしたり、お雑煮やお吸い物を披露宴で振る舞う地方もあるようです。式の引き出物には、珍しい地元の名産品を入れたり、数を多くしてゲストを歓迎したり、引き出物に寝具を入れる地域もあるようです。

田舎の結婚式では、田舎ならではの風習や習わしがあるようです。地元に合わせた結婚式も数多く行われているようですよ。

田舎の結婚式の特徴

現在の結婚式は昔と比べて様変わりしてきています。会場から衣装から演出から、式の全てが多様化してきており数多くの工夫がなされています。

では、田舎の結婚式の特徴について簡単に話をしていきたいと思います。1つ目の特徴として、招待客が物凄く多い場合があることになります。ゲストの半分以上が親戚の人であったり、盛大に結婚式を行うのが当たり前の地域であったりする場合もあります。2つ目の特徴として、結婚式を派手に行う地域と地味に行う地域があることになります。結婚式を派手に行う地域では、名古屋地域や沖縄地域の結婚式になります。びっくりするくらいの大きな会場で式を挙げたり、料理や式の演出の豪華な場合が多いようです。また、地元の風習を式に取り入れたり、習わしを式に取り入れたりする場合もあるようです。

結婚式を地味に行う場合には、代々受け継がれている習わしを意識して、神社で神前式を挙げてから、自宅で披露宴などを行い、親族や友人で結婚式を祝う地域も存在しています。もちろん、披露宴では、食べきれないくらいの量の料理を提供したり、お酒を振る舞ったりするようです。3つ目の特徴として、田舎の結婚式の場合は、衣装や服装が和装が多いことになります。また、両親や近親者は、留袖を着る場合も多いとされています。4つ目の特徴として、費用やご祝儀などにも多少の違いがあることになります。地域によっては、ご祝儀の額が決まっている地域もあるようです。また、祝儀袋が必要ない地域もあるようですよ。

田舎で行う結婚式

結婚式場をどこにするかで悩む人は多いと思います。都会で行う場合と、田舎で行う場合と、海外で行う場合の3通りが大きく分けて考えられます。ここでは、田舎で行う結婚式場を中心にメリットとデメリットについて簡単に説明をしていきたいと思います。

まずは都会で行う結婚式場の場合には、都会で行うため式場までのアクセスが便利なことになります。また、都会で式を挙げるため高級感も味わうことができます。しかし、式の費用が高額になってしまったり、式場の規模が小さくこぢんまりとした結婚式になってしまう場合が多いようです。次に、田舎で行う結婚式場の場合には、都会に比べて比較的安い費用で結婚式を挙げることができることと、広大な土地を利用して盛大に結婚式を挙げることができることと、自然が豊かで景色が綺麗な場所で結婚式を行うことができることになります。広い土地に綺麗な教会など、夢に描いたような結婚式を挙げることができるのも田舎の結婚式場になります。しかし、田舎でも田舎ならではの欠点があります。交通の便が悪く交通費がゲストの負担になってしまうことと、二次会の会場までのアクセスが不便になってしまう場合もあることになります。

結婚式関連情報〈交通アクセスの良さと豊かな景観を両立できる京都東山の結婚式場 ザ ソウドウ

さらに、海外で行う結婚式場についてになります。海外で式を行う場合は、親族以外のゲストはなくリラックスした状態で式を挙げることができることと、式を新婚旅行と兼ねることができることと、式や新婚旅行に掛かる費用が以外にも安価で済むことになります。

田舎で行う結婚式の場合、安い費用で盛大に行えることが魅力になるでしょう。海の見えるチャペルや雄大な自然に囲まれたチャペルなどで結婚式を挙げると一生の思い出に残る式になるのではないかと思います。